ニュース

iPhone、EU法により強制的にUSB Type-Cが採用される可能性が浮上

更新日:

欧州委員会は、これまで10年以上にわたってスマートフォンの単一の充電規格を推進してきました。
委員会はメーカーが単一の充電規格を自発的に採用するように奨励してきましたが、強制力はありませんでした。
しかし、欧州委員会は、法律によって強制力のあるアプローチを検討しているようです。

欧州議会の一部のメンバーは、全てのスマートフォンメーカーに単一の充電端子を採用する規制措置を取るよう欧州委員会に要請しています。
Maros Sefcovic委員は、委員会ではこ問題に取り組むために「立法アプローチ」を検討する予定であると述べました。

欧州委員会は、討論の後、この問題について投票を実施するようです。
投票では可決された場合、AppleはiPhoneの充電端子にUSB Type-Cの採用が余儀なくされます。

討論では、充電端子を統一することで、ユーザーの利便性が高まることと、電子廃棄物の削減につながることが述べられていました。

2009年頃までは約30もの充電端子がありましたが、現在では、USB Type-C、micro-USB、Lightningの3つまで減りました。

スポンサーリンク

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.