ニュース

関東の中学生の8割がスマホを所有、PCよりもスマホ入力の方が速い

投稿日:

NTTドコモ モバイル社会研究所は11日、小中学生のスマホ所有率について全国の小中学生の保護者に伺い、地域別に集計した結果を公表しました。

調査は全国の小中学生の保護者1,000組が対象で2019年9月に実施されています。

中学生になると所有率が拡大、関東では約8割

スマートフォンを所有する割合は中学生になると一気に拡大しています。
特に関東地方は81%、近畿地方は68%と他の地域と比較して高い割合となっています。

また、小学生ではスマートフォンよりもケータイの所有率が高いことが分かります。

パソコンよりスマホ入力の方が速い

全国の小中学生の保護者を対象に、スマホ・ケータイとパソコンで10秒間に5文字以上入力できるか調査しました。

全ての地域と年代でパソコンよりもスマホ・ケータイでの入力が速く、中学生は64%~83%の割合が「スマホ・ケータイで10秒に5文字以上入力できる」と回答
一方、パソコンは23%~40%の割合にとどまっています。

source
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.