ユーザー登録(無料)
ログイン

ニュース

Apple、Samsungに1000億円の違約金支払いか。有機ELの購入数不足


投稿日:


Appleは、有機ELディスプレイの購入数が足らずSamsungに9億5000万ドル(約1000億円)の違約金を支払ったとの噂が報じられています。



ディスプレイ業界のサプライチェーンを対象に調査を行う、Display Supply Chain Consultants(DSCC)は、Samsungの2020年第2四半期の営業利益の見積もりにて「ディスプレイ事業に関連する一時的な利益」が含まれていると報告。

Appleはサプライヤーから部品を安く購入する代わりに最低購入数に達しない場合は違約金を支払うという契約を結んでおり、2020年第2四半期、Appleは契約した有機ELディスプレイの購入数に満たさなかったため、Samsung Displayに対して約9億5000万ドル(約1000億円)の違約金を支払ったとのこと。


Appleは新型コロナウイルスの影響で、世界中のApple Storeを一時閉店しており、その影響でiPhoneの出荷台数が伸び悩んだことが原因だと推測されます。


また、DSCCによると、Appleは2019年第2四半期にも有機ELディスプレイの購入数不足によりSamsung Displayに対して9000億ウォン(約800億円)の違約金を支払っていたとのことです。

source(1)
スポンサーリンク

-ニュース
-,