ニュース

iPhone SE(第3世代)は、iPhone 11シリーズと同じA13を再び採用か、デザインはiPhone X?

投稿日:

iPhone SE
Appleは2020年5月、待望のiPhone SE(第2世代)を正式発表しました。
ですが、早くも後継機についての噂が取り沙汰されています。

後継機は「iPhone SE 2 Plus」や「iPhone SE 3」などのモデル名でリークされていますが、ここでは分かりやすくAppleのiPhone SE(第2世代)の命名規則に沿って「iPhone SE(第3世代)」と言います。

テックジャーナリストでもあり、リーカーでもあるMauri QHD氏はTwitterにて「Appleは、iPhone SE 3に再びA13を搭載することを検討している」と発言。

A13 Bionicと言えば、iPhone 11シリーズやiPhone SE(第2世代)で搭載されているAppleの2020年最新SoCになります。


ここで疑問点が。
同じSoCを搭載するのならば、iPhone SE(第2世代)とiPhone SE(第3世代)になんらかの差別化を図らなけれな不自然です。


そこで、議論されているのがデザインの変更です。
iPhone SE(第2世代)はiPhone 8のデザインとほぼ同じでした。
一方、iPhone SE(第3世代)はiPhone Xのデザインをベースにし、側面指紋認証を搭載するのではないかと噂されています。

また、Appleが2021年に発売予定のiPhone 12シリーズはA14の搭載が予想されており、それらとパフォーマンスの差別化を図る狙いもあると見られています。


コンパクトさ、ベゼルの廃止(高い画面占有率)、側面Touch IDとの噂のあるiPhone SE(第3世代)への期待が高まりますが、現時点では噂の域を出ません。

数ある噂の1つとして、続報に期待しましょう。
(そもそも、iPhone SE(第3世代)が発売されるのかも現時点では不明ですので、、、)

source(1)
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.