ニュース

Appleは中国向けにディスプレイ指紋認証を搭載したiPhoneを発売するという噂

投稿日:

Appleは中国市場向けに特別に設計された新しいiPhoneに取り組んでいると噂されています。
報道が真実であれば、Appleが特定の市場に向けて製品を開発するのは初めてになります。これは、生産コストの高騰により国内市場での売上高の減少を阻止する目的があるとされています。
中国のメディア「Global Times」は新しいiPhoneはFace IDを搭載せず、その代わりにディスプレイ指紋認証を搭載する報道しました。

Face IDの主要コンポーネントである構造化レーザー光は数百元の費用がかかりますが、iPhoneからそれを削除することでコスト削減する狙いがあるとしている。
そのため、新しいiPhoneは3D顔認証用の複雑なセンサーを搭載しないため、既存のiPhoneに比べてノッチが小さくなる可能性があります。

Appleは過去数年間でHUAWEI、OPPO、Vivoのような中国メーカーに中国市場でのシェアを取られつつあります。
現在の中国では5,000元以内のスマートフォンの人気が高く、競争力のある価格帯への参入とみられます。
2019年第一四半期の中国スマートフォン市場はHUAWEIが34%を占め、次にvivoが19%、OPPOが18%、Xiaomiが12%、そして5番目にAppleの9%となっています。

Appleは中国市場でのシェア拡大を狙ってきましたが、現在までに十分な効果を得られておらず、Appleの売上増には中国市場での売上増が欠かせません。

via
スポンサーリンク

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.