新規登録
ログイン

ニュース

iPhone 12シリーズのサイズ感を比較!5.4型のコンパクト機と6.7型の史上最大モデル


投稿日:


Appleは今年、4つのiPhoneを新たにリリースすると噂されています。
5.4インチのiPhone 12、6.1インチのiPhone 12 MaxとiPhone 12 Pro、6.7インチのiPhone 12 Pro Maxとなります。

米メディア MacRumorsはリークされた設計図や仕様を基に作成されたiPhone 12シリーズのダミーモデル(デモ機)を用いて端末を比較しています。(おそらくケースメーカーからのリークだと推測されます。)

これら、4つのモデルともiPad Proを彷彿させるデザインで、フレームは丸みを帯びたエッジが施されており、ガラスボディを採用

左:iPhone SE(第2世代) 右:iPhone 12 デモ機
やはり、注目はiPhone 12のサイズが5.4インチと非常にコンパクトであること。
4インチのiPhone SE(第1世代)に次いでコンパクトなiPhoneとなります。

上記の画像と比較すると一目瞭然、
iPhone 12はフルスクリーンディスプレイを採用することで5.4インチながらも、4.7インチのiPhone SE(第2世代)よりもサイズは小さくなっています。


左:iPhone SE(第1世代) 中央:iPhone 12 デモ機 右:iPhone SE(第2世代)
上記の画像で比較すると、iPhone SE(第1世代)とiPhone SE(第2世代)の間くらいのサイズ感であることが分かります。

左:iPhone 11 Pro Max 右:iPhone 12 Pro Max デモ機
一方、6.7インチのiPhone 12 Pro Maxは6.5インチのiPhone 11 Pro Maxよりも一回りほど大きくなりiPhoneの中で最も大きなサイズとなっています。

次は、カメラについてです。
iPhone 12とiPhone 12 Maxはデュアルカメラ、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxはトリプルカメラを搭載すると想定されています。

また、ProモデルにはiPad Proで採用されているLiDARスキャナーを採用するとの噂もあります。
(今回のデモ機でLiDARスキャナーが確認できないのは、ケースメーカーからしたらカメラ構成は関係ないため、寸法やカメラの位置のみを再現しているためだと思われます。)


つまり、2020年のiPhone 12シリーズは、iPhone 6以降の最小モデル、Apple史上最大サイズのiPhoneが登場することになります。

4モデルかつ幅広いサイズでの展開となり、ユーザーに多くの選択肢を与えるものとなるでしょう。


source(1)
スポンサーリンク

-ニュース
-, , , ,