ニュース

Google Playより、App Storeの収益が約2倍も高い

投稿日:

Googleは今までGoodle Playの収益について明らかにしてきませんでしたが、その理由に納得です。

Huawei Developer Dayでアメリカの市場調査会社 IDCのFrancisco Jeronimo 氏がそれぞれのプラットフォームの収益分配を明らかにしました。

彼のスライド資料によると、App Storeが330億ドルと全体の50%を占めているのに対し、Google Playは180億ドルと27%にとどまっています。
そして、Goodle Playが使用できない中国は、「百度手机助手」や「安软市场」、「应用汇」などのGoogle以外が運営するAndroidアプリストアが存在します。これらの合計が130億ドルで中国だけで20%に達します。

インストールベースの観点から、iOSには約10億人のユーザー、Androidには25億人以上のユーザーがいると言われており、圧倒的な母数の有利状況にも関わらず、収益では約1.8倍もApp Storeの方が高いです。

各iOSユーザーは33$、各Androidユーザーは13.2$を開発者に対して支払っている計算となります。
もちろん、中国市場でGoodle Playが利用できない影響も大きいと思いますがiOSの収益の高さが目立つ結果となりました。

source
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.