通話SIMとデータSIMの違いとは? 違いを徹底比較!

通話SIMとデータSIMの違いとは? 違いを徹底比較! 初心者入門

格安SIMは各社様々なプランが提供されていますが、それらのプランは通話SIMとデータSIMの2種類に分けることができます。

この2つのどちらを選択するかが格安SIMを選ぶ最初の手順となります。

基本的には通話ができるかできないかの違いなのですが、それぞれの違いについて解説を行っていきます。

通話SIMとは?

通話SIMと言っても各格安SIM会社によって呼び方が異なります。
例えば、音声SIM・音声通話機能付きSIM・音声対応SIMなどで。

現在使用している電話番号と同じ番号を使うこともでき、その場合はMNPの手続きを行います。

MNPの手続きの仕方は各キャリアごとに異なるので下記の記事を参照してみて下さい。

【徹底解説】auから格安SIMへの乗り換え方法
まず、auを解約して格安SIMへ乗り換える場合は今までの電話番号を継続して使用し続けるMNPと新規に電話番号を発行する2つの方法があります。この記事ではMNPを行う方向けの記事となっています。MNPをしない場合は、格安SIMの申し込み...
【徹底解説】SoftBankから格安SIMへの乗り換え方法
まず、softbankを解約して格安SIMへ乗り換える場合は今までの電話番号を継続して使用し続けるMNPと新規に電話番号を発行する2つの方法があります。この記事ではMNPを行う方向けの記事となっています。MNPをしない場合は、格安SI...
【徹底解説】ドコモから格安SIMへの乗り換え方法
まず、ドコモを解約して格安SIMへ乗り換える場合は今までの電話番号を継続して使用し続けるMNPと新規に電話番号を発行する2つの方法があります。この記事ではMNPを行う方向けの記事となっています。MNPをしない場合は、格安SIMの申し込...

もちろん、新規に電話番号を発行することも可能です。

初めてスマホを使う場合や新しく電話番号を持ちたい場合は新規契約で格安SIMを申し込みます。
MNPの手続きのは2000円程度の手数料がかかるので、その金額も抑えたい場合は新規発行でもよいかもしれません。

新規に通話SIMを申し込むと070・080・090のいづれかの電話番号が割り振られます。なお、この電話番号を自由に選ぶことはできません。

この電話番号を新規に発行するか継続して使用するかが大きな違いですが、どのくらいの通話時間・通話オプションの有無なども選ぶポイントとなってきます。

これらについては下記に記事を参考にしてみて下さい。

音声通話プランから選ぶ
「音声通話プランから選ぶ」の記事一覧です。

データSIMとは?

データSIMはネットやアプリを見たりと電話以外の機能を使うことのできるSIMとなります。ただ、LINEの音声通話や050のIP電話は使用することはできます。

データSIMはガラケーと使い分けたりネットやアプリのみで通話は全くしないという方向けのサービスとなります。
ただ、110や119などの緊急電話もできないので注意が必要です。

また、データSIMにはSMS機能が付いたものと付いていないものがあります。

SMS機能を付けると月に150程度の料金がかかりますが、本人認証などでSMSを使うアプリやサービスもあるのでSMS機能がないと使えないアプリやサービスが出てくる可能性もあります。

SMS機能は後から追加することができないので迷ったら付けておくべきでしょう。

なお、通話SIMには全てSMS機能が付いています。

SMS機能の詳細記事はこちら

データSIMにSMS機能は必要か?メリット・デメリットを解説
格安SIMには、通話SIMとデータSIMの2種類が大きな区別になりますが、データSIMにはSMS機能付きとSMS機能無しのものがあります。SMSとは、ショートメッセージサービスの略称であり、電話番号でメッセージを送信できる機能のことを言...

通話SIMとデータSIMの違い

データSIMだと携帯電話番号で通話ができない

これが最も大きな違いとなります。
通話SIMは携帯電話番号で通話ができますが、データSIMはできません。

多くの場合、通話SIMでは070、080、090などの電話番号が与えられますが、データSIMではこれらの電話番号を使って電話をかけることも受けることもできません。
これらの電話番号はSMS付きのデータSIMの場合に、SMSの送受信にのみ用いられます。
ただ、LINEや050のIP電話はデータSIMでも使用することができます。

通話SIMなら今までと同じように携帯電話番号で通話をすることができます。
また、デフォルトでSMS機能も付いているのでSMSの送受信も可能です。

データSIMだと緊急通報ができない

データSIMでは携帯電話番号での通話機能がないため、緊急時に警察や救急車に電話をかけることができません。また、050のIP電話でもからでも緊急通報はできません。

緊急の際にLINE等で知人に助けを求めるしか手段がなくなってしまいます。
さらに、自宅に固定電話もない場合は一切の緊急連絡がないため、自宅に固定電話がない場合は「もしものとき」に備えて緊急連絡のできる通話SIMを選ぶのが無難でしょう。

通話SIMには最低利用期間がある

多くの格安SIM業者の通話SIMには最低利用期間があります。最低期間は約1年ほどに設定されていて、最低利用期間内に解約や他社へMNPを行おうとすると、違約金が8000円ほどかかります。

データSIMの場合、多くの会社で最低利用期間が設定されていません。
そのため、違約金なしで解約を行うことができるので、お試し感覚の契約も可能となります。

データSIMのほうが月額料金が安い

通話SIMとデータSIMの月額料金の差額は700円ほどです。
この700円が音声通話機能の料金となっていて、1年間では8400円ほどの差額となります。
少しでも安い方が良い場合は、データSIMを選ぶことになるでしょう。

まとめ

通話SIMとデータSIMを選ぶ基準は「電話をかけるか・かけないか」に尽きます。

電話を使うなら通話SIM、使わないならデータSIMと単純な選択です。
格安SIMを契約される8割ほどのユーザーが通話SIMを選んでいるという印象です。

Follow me!